検索

使いやすいホームページの条件-UX 向上の秘訣

ひと昔前までウェブデザイナーにとって大事なキーワードは、ユーザーの目に触れる見た目や使い勝手に関するユーザーインターフェイス(UI)でした。しかし現在はサービス全体のユーザー体験をデザインするユーザーエクスペリエンス(UX)という言葉を利用する場面が多くなりました。 UXとUIの違いって何でしょうか?古典的ですが乗馬に例えます。乗馬にとってのUIは「くら」や「あぶみ」、「むち」などで、UXは「馬に乗った時の感情や体験」です。その体験がワクワクするものであったならば、素晴らしいUXだと評価されます。 つまりUXとUIはまったく異なる概念ではなく、むしろデザイナーが対象とする範囲を拡大したと捉えることができます。ホームページで考えると、UXとして高評価を獲得するためには、当然、UIとしても使い勝手が良いことが前提になります。

特集記事
最新記事