ネットショップの開設は、今まで以上に簡単になりました。WixのEC機能を使えば、ネットショップを作成したその日から販売を開始できます。 商品の魅力をアピールして、売上を軌道に乗せてくれる、便利な機能を数多く搭載しています。ちなみに、Wixでは、手数料などをチャージすることは一切ありません。 さっそく人気のeコマース機能をご紹介します。https://ja.wix.com/ecommerce/netshop Wix で作成したネットショップを、Facebookページにも掲載して、販売を促進。ショップ管理画面から在庫管理をすれば、Facebookにも更新が反映されます。

Wixにはサイト内部にブログを構築することができます。 このブログを活用することで、様々な情報を発信できるようになります。 もちろん、様々なブログサービスを使って、記事を書いて投稿して、記事数を増やしていき、そのブログを育てていくこともできるわけですが、ブログサービスはあくまでブログであり、ホームページではありません。 Wixはホームページを構築して、その中のコンテンツとして、ブログを構築できます。 ホームページとブログを別々に運営して相互リンクで繋ぐというやり方をされている方も数多くいらっしゃるかと思います。 別々のアドレスでブログとホームページを運営するよりは、ホームページの内部にブログ記事をどんどん追加していき、コンテンツに厚みを持たせホームページを育てていく方がSEO的評価も上げやすくなるので、別々のサービスにログインする手間も省け一石二鳥です。

ひと昔前までウェブデザイナーにとって大事なキーワードは、ユーザーの目に触れる見た目や使い勝手に関するユーザーインターフェイス(UI)でした。しかし現在はサービス全体のユーザー体験をデザインするユーザーエクスペリエンス(UX)という言葉を利用する場面が多くなりました。 UXとUIの違いって何でしょうか?古典的ですが乗馬に例えます。乗馬にとってのUIは「くら」や「あぶみ」、「むち」などで、UXは「馬に乗った時の感情や体験」です。その体験がワクワクするものであったならば、素晴らしいUXだと評価されます。 つまりUXとUIはまったく異なる概念ではなく、むしろデザイナーが対象とする範囲を拡大したと捉えることができます。ホームページで考えると、UXとして高評価を獲得するためには、当然、UIとしても使い勝手が良いことが前提になります。

特集記事
最新記事